さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニックにメールで診療予約する

さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニックにネットから最新予約する

初めて来院される方へ|さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニック

医師紹介|さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニック

臨床心理士紹介|さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニックの臨床心理士紹介

さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニックの問診票ダウンロード

よくあるご質問|さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニック

心の病気のコラム
うつ病-ストレス・憂うつ・イライラ・やる気がでない-
強迫性障害-潔癖症・確認しないと気が済まない・物が捨てられない-
パニック障害-ドキドキ・不安・恐怖感-
適応障害-引っ越し・進学・就職-
不眠症-ストレス・イライラ・緊張-
統合失調症
更年期障害-イライラ、不安感、不眠、憂うつ気分-
認知症-もの忘れ・幻覚・アルツハイマー・パーキンソン症-
過敏性腸症候群-ストレスからくる腸の不調-
燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)
大人のAD/HD(注意欠陥・多動性障がい)
五月病 -やる気の低下・ネガティブ思考・寝つきが悪い・食欲の低下-
精神科専門医の院長コラム
改正労働安全衛生法(ストレスチェック義務化)について
思い込んでいるあなた!もっとゆとりを持つべきです
ちょっと自分のことを客観視してみてください
逆に目的遂行のためのエネルギー源に変えてみましょう
スマホ・携帯サイト

うつ病について

「心の弱い人がかかる病気」「心の持ちようで克服できるはず」と誤解している人も少なくありませんが、うつ病は決して怠けていたり、心が弱いからなるのではありません。

脳内の神経間の情報伝達がうまくいかなくなることによって身体に不調が現れる病気です。強い抑うつ状態が長く続き、「眠れない」「食べられない」などのつらい症状が起きるため、徐々に日常生活に大きな支障をきたします。

うつ病は「こころの風邪」とも言われており、適切に治療すれば治る病気です。うつ病と疑われる症状がある場合は、早めにメンタルクリニックを受診されることをおすすめ致します。

うつ病の症状

うつ病の症状は、心と身体のどちらにも現れます。
下記のような症状が1〜2週間程度続く場合、うつ病を疑ってみてください。

心の症状

身体に現れる症状

うつ病の原因

大まかに2つあります。1つは反応性うつ病といって、周囲の環境や日常生活、考え方などが複雑に絡み合って引き起こされますが、いずれもストレスが大きく影響して引き起こされます。

たとえば身近な人との別れ(病気・病気・浮気など)、転職や引っ越しなどで苦い経験がきっかけとなることが多いです。

もう1つは内因性うつ病といい、特に誘因なく脳内物質の変化により起こるものです。

うつ病になりやすい人はどんな人

うつ病にかかりやすいのは、環境の変化への適応が苦手な方が多いです。
下記のような性格に当てはまる方は注意が必要です。

これらの性格は、社会的にみれば、非常に有能な人です。しかし、その反面知らず知らずのうちに自身の許容量を越えた負荷を背負い次第に抑うつ的になってしまうのです。

うつ病の治療について

治療は「休養」と「お薬」

基本的には患者様のお話をおうかがいし、症状に合わせたお薬で治療を行っていく形となります。うつ病は、状態が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、徐々に回復していきます。そのため治療は焦らずに長期戦のつもりで臨みましょう。

重要なのは、しっかりと休養を取ることですので、仕事のペースを落としたり、しばらく休暇をとったり、場合によっては入院することも必要です。

また大きな決断をしなければならない場合は、なるべく先送りし、しっかり休むことが大切です。一人で抱え込まず、周囲の人に相談したり、メンタルクリニックを受診したりして、話を聞いてもらう事が大切です。

ご家族・周囲の方へ

まずはうつ病が病気だということ、治療を開始しても回復まで3〜6ヶ月程かかることをご理解ください。

日本人はことさら、精神論が好きな国民といわれています。周囲からみれば「なまけている」「精神さえシッカリしていれば治る」などと思い込んでいる人も多いのです。

うつ病にかかった患者様は、ご自身を責めています。 そのためご家族や周囲の方が不用意に励ますと、逆に患者様を追い詰めることになります。できるだけ自然に接し、患者様を見守るような立場でいることが大切です。

私がいつもうつ病の患者さんにいうのは、「出来るだけぐうたらな生活をしてください」です。そうは言っても、もともと責任感が強く几帳面で完璧主義な人が多いですからなかなかぐうたらな生活はできない人が多いです。

うつ病の患者様は、ご自身の判断でクリニックを受診することは少なく、治療を受けることのないまま症状が悪化してしまうことも珍しくありません。

うつ病の可能性に周囲の方が気づいたときは、症状の一つである不眠の治療を理由に受診を勧めるなど、背中を押してあげてください。

治療開始

治療開始は、患者様ご自身のペースを尊重し、見守るような立場で接しましょう。

治療初期

回復期

よくある質問

うつ病は治りますか?
過度にストレスがかからない環境や生活習慣の確立、適切なお薬の服用でうつ病は治すことができます。まわりに悩みを打ち明けられないなど、一人でストレスを抱え込みがちな場合は、一度メンタルクリニックまでご相談ください。
他のお薬と併用しても大丈夫ですか?
お薬の併用は、飲み合わせによっては薬の効果が消えてしまったり、思わぬ影響が出てしまう場合があります。そのため、市販薬・処方薬問わず、お薬を使用する際には事前に医師にご相談ください。
経済的な負担が大きいです。
治療費の負担軽減のため、各種助成制度があります。 受診時にご相談ください。
各種助成制度に関しましては、こちらでご案内しております。

お悩みは抱え込まず、ご相談ください。メール予約はこちらから。