さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニックにメールで診療予約する

さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニックにネットから最新予約する

初めて来院される方へ|さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニック

医師紹介|さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニック

臨床心理士紹介|さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニックの臨床心理士紹介

さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニックの問診票ダウンロード

よくあるご質問|さいたま市浦和区北浦和の心療内科 精神科 かせ心のクリニック

心の病気のコラム
うつ病-ストレス・憂うつ・イライラ・やる気がでない-
強迫性障害-潔癖症・確認しないと気が済まない・物が捨てられない-
パニック障害-ドキドキ・不安・恐怖感-
適応障害-引っ越し・進学・就職-
不眠症-ストレス・イライラ・緊張-
統合失調症
更年期障害-イライラ、不安感、不眠、憂うつ気分-
認知症-もの忘れ・幻覚・アルツハイマー・パーキンソン症-
過敏性腸症候群-ストレスからくる腸の不調-
燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)
大人のAD/HD(注意欠陥・多動性障がい)
五月病 -やる気の低下・ネガティブ思考・寝つきが悪い・食欲の低下-
精神科専門医の院長コラム
改正労働安全衛生法(ストレスチェック義務化)について
思い込んでいるあなた!もっとゆとりを持つべきです
ちょっと自分のことを客観視してみてください
逆に目的遂行のためのエネルギー源に変えてみましょう
スマホ・携帯サイト

認知症について

記憶力などの知的機能が低下し、社会生活に支障を来す状態を言います。65歳以上70歳未満の有病率は1.5%、85歳では27%で4人に1人は認知症という厚生省の統計結果があります。日本では65歳以上の認知症患者はすでに240万を超えています。

団塊世代が65歳以上になる2015年には250万人、2020年には300万人を超すと推定されています。 高齢社会の日本では認知症が今後ますます重要な問題になることは明らかです。

我々は客観的に、診断基準に則った認知症の程度を診断しますが、ご家族の認識と実際の進行度合いとの差に驚かされる事が多々あります。認知症になられたご本人が自ら医療機関を受診したいと申し出る事は非常にまれです。ご家族が少しでも以前との差を感じたなら出来るだけ早い段階で医療機関を受診する事をお勧めします。

どの疾患でもそうですが、進行してしまってから治療を開始するより初期の段階で手を打つことで予後に大きな差が生じるのです。

アルツハイマー病型認知症

皆さまもよく耳にする病名だと思います。認知症全体の半分近くがこのタイプですが、記憶障害以外に際立った症状が無い事が特徴です。65才以下で発症する事もあり若年性アルツハイマー病と呼ばれます。ごく近い将来脳内の特定物質を検査する事で診断が可能となると言われています。

レビー小体型認知症

手の震え、小刻みな歩行などのいわゆるパーキンソン症状や、「家の中に(居るはずも無い)人が居る」などの"幻の同居人"と言われる幻覚症状などが特徴的な認知症で、認知症全体の1割から3割程度がこのタイプです。1970年代に日本の精神科医が症例報告をした事で世界的に知られるようになった認知症です。

血管性認知症

脳梗塞や脳出血などの脳の血管障害が原因で発症する認知症です。高血圧や糖尿病などの疾患が基礎にある場合そのリスクが高くなります。急速に進行するためご家族と共に医療機関を訪れることが比較的多いです。脳血管障害が基礎にありますので脳外科と連携を取りながら治療が進められます。

以上の3タイプが認知症の殆どを占めるため『三大認知症』などと呼ばれる事もあります。 専門的にはこれ以外にも分類はありますが、それはまた別の機会にこちらに書かせて戴くとして、最近の新しい概念として、『軽度認知機能障害』というものについて記載しておきます。

これは通常の物忘れ以上に記憶障害を来している状態で、認知症と診断する程社会生活に支障を来していない程度の認知症です。このうち1から2割が認知症に移行すると言われています。この段階から治療を開始することで、認知症の進行を遅らせる効果が期待できます。

認知症ではなさそうだと思っても、物忘れの程度がほかの同年齢の人に比べてやや強いと感じたら、念のために専門医を受診することが早期発見・早期治療につながることになります。

お悩みは抱え込まず、ご相談ください。メール予約はこちらから。